顔淵第十二

【論語】顔淵第十二10「子張、徳を崇び惑いを弁ずるを問う」

顔淵第十二
スポンサーリンク

「子張問崇徳辨惑」の意味は?

【分かりやすい口語訳】

分かりやすい口語訳です。

分かりやすい口語訳

子張が徳を高め、惑いを明かすことについて尋ねた。

孔子が言った「忠や信を主軸に置けば、徳を高めていける。

人を愛せばその生を願い、同じ人を憎めばその死を願う。

その人の生を願ったり、ひるがえってその人の死を願うことが惑いだ。」

【原文】子張問崇徳辨惑

原文です。

子張問崇徳辨惑、子曰、主忠信徙義、崇徳也、愛之欲其生、惡之欲其死、既欲其生、又欲其死、是惑也、誠不以富、亦祇以異、

顔淵第十二その10

【読み下し文】子張、徳を崇び惑いを弁ずるを問う

読み下し文です。

読み下し文

ちょうとくたっとまどいをべんずるをう。

いわく、ちゅうしんしゅとし、うつるは、とくたかくするなり。

これあいしてはせいほっし、これにくんではほっす。

すでせいほっし、またほっす。まどいなり。

スポンサーリンク

顔淵第十二10【分類】

誰の言葉?

言った人 : 子張、孔子

お役立ち度

お役立ち度 : 5 out of 5 stars

カテゴリー

カテゴリー : 教訓、生き方。

スポンサーリンク

論語|おすすめ書籍

スポンサーリンク
雑記ブログは収益化の夢を見るか

コメント