八佾第三

【論語】八佾第三25「子、韶を謂う、美を尽くせり、又善を尽くせり」

八佾第三
スポンサーリンク

「子謂韶、盡美矣、又盡善也」の意味は?

【分かりやすい口語訳】

分かりやすい口語訳です。

分かりやすい口語訳

孔子が韶という曲を評して言った「とても美しい旋律で、善を尽くしている。」

武の曲を評して言った「とても美しい旋律だが善においては今ひとつだ。」

【原文】子謂韶、盡美矣、又盡善也

原文です。

子謂韶、盡美矣、又盡善也。謂武、盡美矣、未盡善也、

八佾第三その25

【読み下し文】子、韶を謂う、美を尽くせり、又善を尽くせり

読み下し文です。

読み下し文

しょうう、くせり、またぜんくせり。

う、くせり、いまぜんくさざるなり。

スポンサーリンク

八佾第三25【分類】

誰の言葉?

言った人 : 孔子

お役立ち度

お役立ち度 : 3 out of 5 stars

カテゴリー

カテゴリー : 詩、文学。

スポンサーリンク

論語|おすすめ書籍

スポンサーリンク
雑記ブログは収益化の夢を見るか

コメント