為政第二

【論語】為政第二18「多く聞きて疑わしきを闕き」

為政第二
スポンサーリンク

「多聞闕疑、愼言其餘、則寡尤」の意味は?

【分かりやすい口語訳】

分かりやすい口語訳です。

分かりやすい口語訳

先生がおっしゃった。田舎で善人だとされて、下手にちやほやされてい子張が俸禄を得る方法を尋ねた。

孔子が言った「多くの意見を聞いて疑わしいものを排除し、慎んで意見を言うようにすれば過ちは少なくなる。

多くの物事を見て悪いものを排除し、慎重に行動すれば後悔は少なくなる。

非難されず後悔がなければ信頼を得られ、禄を得ることもできるだろう。」

【原文】多聞闕疑、愼言其餘、則寡尤

原文です。

子張學干祿、子曰、多聞闕疑、愼言其餘、則寡尤、多見闕殆、愼行其餘、則寡悔、言寡尤、行寡悔、祿在其中矣、

為政第二その18

【読み下し文】多く聞きて疑わしきを闕き

読み下し文です。

読み下し文

ちょうろくもとむることをまなぶ。

いわく、おおきてうたがわしきをき、つつしみてあまりをえば、すなわとがすくなし。

おおあやうきをき、つつしみてあまりをおこなえば、すなわすくなし。

げんとがすくなく、おこないにすくなければ、ろくうちり。

スポンサーリンク

為政第二18【分類】

誰の言葉?

言った人 : 子張、孔子

お役立ち度

お役立ち度 : 5 out of 5 stars

カテゴリー

カテゴリー : 教訓、生き方。

スポンサーリンク

論語|おすすめ書籍

スポンサーリンク
雑記ブログは収益化の夢を見るか

コメント