為政第二

【論語】為政第二20「民をして敬忠にして以て勧ましむるには、これを如何」

為政第二
スポンサーリンク

「使民敬忠以勸、如之何」の意味は?

【分かりやすい口語訳】

分かりやすい口語訳です。

分かりやすい口語訳

先生がおっしゃった。田舎で善人だとされて、下手季康子が尋ねた「民に敬意と忠誠の念を抱かせ、すすんで善行するためにはどうしたらいいでしょうか」

孔子が言った「荘重端正であれば人民は敬意を払います。親孝行であり、すべての人に対して慈愛をもって接すれば人民は忠誠になります。有徳の人を挙げて、劣った者を教育すれば人民はおのずから善に励みます」

【原文】使民敬忠以勸、如之何

原文です。

季康子問、使民敬忠以勸、如之何、子曰、臨之以莊則敬、孝慈則忠、舉善而教不能則勸、

為政第二その20

【読み下し文】民をして敬忠にして以て勧ましむるには、これを如何

読み下し文です。

読み下し文

こうう。たみをして敬忠けいちゅうにしてもっすすましむるには、これ如何いかんせん。

いわく、これのぞむにそうもってすればすなわけいす。

こうなればすなわちゅうなり。ぜんげてのうおしうれば、すなわすすむ。

スポンサーリンク

為政第二20【分類】

誰の言葉?

言った人 : 季康子、孔子

お役立ち度

お役立ち度 : 5 out of 5 stars

カテゴリー

カテゴリー : 教訓、生き方。

スポンサーリンク

論語|おすすめ書籍

スポンサーリンク
雑記ブログは収益化の夢を見るか

コメント