為政第二

【論語】為政第二19「哀公問うて曰く、何を為さば則ち民服せん」

為政第二
スポンサーリンク

「哀公問曰、何爲則民服」の意味は?

【分かりやすい口語訳】

分かりやすい口語訳です。

分かりやすい口語訳

先生がおっしゃった。田舎で善人だとされて、下手にちや哀公が尋ねた「何をなせば民が服従するだろうか。」

孔子が言った「正しい人を採用し不正な人の上におくと民は服従します。逆によこしまな人を採用し正しい人の上におくなら民は服従しません。

【原文】哀公問曰、何爲則民服

原文です。

哀公問曰、何爲則民服、孔子對曰、舉直錯諸枉、則民服、舉枉錯諸直、則民不服、

為政第二その19

【読み下し文】哀公問うて曰く、何を為さば則ち民服せん

読み下し文です。

読み下し文

哀公あいこううていわく、なにさばすなわたみふくせん。

こうこたえていわく、なおきをげてこれまがれるにけば、すなわたみふくせん。

まがれるをげてこれなおきにけば、すなわたみふくせず。

スポンサーリンク

為政第二19【分類】

誰の言葉?

言った人 : 哀公、孔子

お役立ち度

お役立ち度 : 5 out of 5 stars

カテゴリー

カテゴリー : 教訓、生き方。

スポンサーリンク

論語|おすすめ書籍

スポンサーリンク
雑記ブログは収益化の夢を見るか

コメント