憲問第十四

【論語】憲問第十四44「己れを脩めて以て百姓を安んず」

憲問第十四
スポンサーリンク

「脩己以安百姓」の意味は?

【分かりやすい口語訳】

分かりやすい口語訳です。

分かりやすい口語訳

子路が君子について尋ねた。

孔子が言った「自ら修養して人々を敬う事だ。」

子路「それだけで良いのですか?」

孔子「自ら修養して人々を安らかにする事だ。」

子路「それだけで良いのですか?」

孔子「自ら修養して万人を安らかにする事だ。
自ら修養して万人を安らかにする事は聖帝の尭舜でさえ苦労されたのだ。」

【原文】脩己以安百姓

原文です。

子路問君子、子曰、脩己以敬、曰、如斯而已乎、曰、脩己以安人、曰、如斯而已乎、曰、脩己以安百姓、脩己以安百姓、堯舜其猶病諸、

憲問第十四その44

【読み下し文】己れを脩めて以て百姓を安んず

読み下し文です。

読み下し文

子路しろくんう。いわく、おのれおさめてもっけいす。

いわく、かくのごときのみか。いわく、おのれおさめてもっひとやすんず。

いわく、かくのごときのみか。いわく、おのれおさめてもっひゃくせいやすんず。

おのれおさめてもっひゃくせいやすんずるは、堯舜ぎょうしゅんこれめり。

スポンサーリンク

憲問第十四44【分類】

誰の言葉?

言った人 : 子路、孔子

お役立ち度

お役立ち度 : 4 out of 5 stars

カテゴリー

カテゴリー : 教訓、生き方。君子論。

スポンサーリンク

論語|おすすめ書籍

スポンサーリンク
雑記ブログは収益化の夢を見るか

コメント