季氏第十六

【論語】季氏第十六13「陳亢、伯魚に問うて曰わく」

季氏第十六
スポンサーリンク

「陳亢問於伯魚曰」の意味は?

【分かりやすい口語訳】

分かりやすい口語訳です。

分かりやすい口語訳

陳亢が伯魚に尋ねた「孔子から何か特別な事を教わりましたか?」

伯魚が答えた「特別な事は何も教わっていません。ある日父上が一人で庭におられた時、その前を小走りで通り過ぎると父が言いました。

孔子『詩はもう学んだか?』

伯魚『まだです』

孔子『詩を学ばなければ一人前に話す事はできない』」

伯魚は退き、詩を学ぶ事にした。

「別の日に父上が一人で庭におられた時鯉がその前を小走りで通り過ぎこう言いました。

孔子『礼はもう学んだか?』

伯魚『まだです』

孔子『礼を学ばなければ一人前に振舞う事はできない』」

伯魚は退き、礼を学ぶ事にした。

伯魚 「私が聞いたのはこの二つです。」

陳亢は部屋出た後に大喜びで言った「一つの質問で三つの教訓を得た。詩の事、礼の事、人格者は自分の子供を特別扱いしないという事だ。」

【原文】陳亢問於伯魚曰

原文です。

陳亢問於伯魚曰、子亦有異聞乎、對曰、未也、嘗獨立、鯉趨而過庭、曰、學詩乎、對曰、未也、不學詩、無以言、鯉退而學詩、他日又獨立、鯉趨而過庭、曰、學禮乎、對曰、未也、不學禮、無以立、鯉退而學禮、聞斯二者、陳亢退而喜曰、問一得三、聞詩聞禮、又聞君子之遠其子也、

季氏第十六その13

【読み下し文】陳亢、伯魚に問うて曰わく

読み下し文です。

読み下し文

陳亢ちんこう伯魚はくぎょいていわく、ぶんるか。

こたえていわく、いまだし。かつひとつ。はしりてにわぐ。

いわく、まなびたるか。こたえていわく、いまだし。

まなばざれば、もっうことしと。退しりぞきて詩をまなぶ。

じつまたひとつ。はしりてにわぐ。いわく、れいまなびたるか。

こたえていわく、いまだし。れいまなばざれば、もっしと。

退しりぞきてれいまなぶ。しゃけり。

陳亢ちんこう退しりぞきてよろこんでいわく、いちいてさんたり。

れいき、またくんとおざくるをけり。

スポンサーリンク

季氏第十六13【分類】

誰の言葉?

言った人 : 陳亢、伯魚

お役立ち度

お役立ち度 : 4 out of 5 stars

カテゴリー

カテゴリー : 教訓、生き方。

スポンサーリンク

論語|おすすめ書籍

スポンサーリンク
雑記ブログは収益化の夢を見るか

コメント