季氏第十六

【論語】季氏第十六14「邦君の妻、君之を称して夫人と曰う」

季氏第十六
スポンサーリンク

「邦君之妻、君稱之曰夫人」の意味は?

【分かりやすい口語訳】

分かりやすい口語訳です。

分かりやすい口語訳

先生がおっしゃった。田舎で善人だとされて、下手にちやほやされている者は、かえって徳を破壊する者であるこ君主の妻のことを君主は夫人と呼び、自らは小童と呼ぶ。

領民は彼女を君夫人と呼び、異国の人々に対して寡小君と呼ぶ。

異国の人々も君夫人と呼ぶ。

【原文】邦君之妻、君稱之曰夫人

原文です。

邦君之妻、君稱之曰夫人、夫人自稱曰小童、邦人稱之曰君夫人、稱諸異邦、曰寡小君、異邦人稱之、亦曰君夫人、

季氏第十六その14

【読み下し文】邦君の妻、君之を称して夫人と曰う

読み下し文です。

読み下し文

邦君ほうくんつまきみこれ称ししょうじんい、

じんみずかしょうしてしょうどうう。

邦人ほうじんこれしょうしてくんじんう。

これほうしょうして、しょうくんう。

ほうひとこれしょうして、くんじんう。

スポンサーリンク

季氏第十六14【分類】

誰の言葉?

言った人 : 孔子

お役立ち度

お役立ち度 : 3 out of 5 stars

カテゴリー

カテゴリー : 礼、しきたり。

スポンサーリンク

論語|おすすめ書籍

スポンサーリンク
雑記ブログは収益化の夢を見るか

コメント