子罕第九

【論語】子罕第九11「顔淵、喟然として嘆じ曰わく」

子罕第九
スポンサーリンク

「顔淵喟然歎曰」の意味は?

【分かりやすい口語訳】

分かりやすい口語訳です。

分かりやすい口語訳

顔淵が讃嘆していった。

「先生の徳は仰げば仰ぐほど高く、切り込もうとすると堅い。

前にあるかと思うと、たちまち後ろにある。

先生は順序立てて一歩一歩導き、書を用いて知識をひろめ、

礼をもって行動を規制してくれる。

止むに止められず才能のかぎりをつくして努力して来た。

眼の前に見ることができるような気がするが、

追いつこうとしてもどうにもならない。」

【原文】顔淵喟然歎曰

原文です。

顔淵喟然歎曰、仰之彌高、鑽之彌堅、瞻之在前、忽焉在後、夫子循循然、善誘人、博我以文、約我以禮、欲罷不能、既竭吾才、如有所立卓爾、雖欲從之、末由也已、

子罕第九その11

【読み下し文】顔淵、喟然として嘆じ曰わく

読み下し文です。

読み下し文

顔淵がんえんぜんとしてたんじていわく、

これあおげばいよいよたかく、これればいよいよかたし。

これればまえり、忽焉こつえんとしてしりえり。

ふう循循じゅんじゅんぜんとしてひといざなう。

われひろむるにぶんもってし、われやくするにれいもってす。

めんとほっすれどもあたわず。すでさいつくす。

ところりてたくたるがごとし。

これしたがわんとほっすといえども、きのみ。

スポンサーリンク

子罕第九11【分類】

誰の言葉?

言った人 : 顔淵

お役立ち度

お役立ち度 : 5 out of 5 stars

カテゴリー

カテゴリー : 教訓、生き方。人物評。

スポンサーリンク

論語|おすすめ書籍

スポンサーリンク
雑記ブログは収益化の夢を見るか

コメント