子路第十三

【論語】子路第十三22「人にして恒なくば、以て巫医を作すべからず」

子路第十三
スポンサーリンク

「人而無恆、不可以作巫醫」の意味は?

【分かりやすい口語訳】

分かりやすい口語訳です。

分かりやすい口語訳

孔子が言った「南方のことわざに『変わらぬ信念を持たぬ者は巫覡や医者にはなれない』とある。私もそう思う。」

『徳を常に心に持っていなければいつか辱めを受ける』

孔子が言った「この言葉は占いや予測でなく、間違いない事実だ。」

【原文】人而無恆、不可以作巫醫

原文です。

子曰、南人有言曰、人而無恆、不可以作巫醫、善夫、不恆其徳、或承之羞、子曰、不占而已矣、

子路第十三その22

【読み下し文】人にして恒なくば、以て巫医を作すべからずと

読み下し文です。

読み下し文

いわく、南人なんじんえることり。

いわく、ひとにしてつねくば、もっ巫医ふいすべからずと。いかな。

とくつねにせざれば、あるいはこれはじくと。いわく、うらなわざるのみ。

スポンサーリンク

子路第十三22【分類】

誰の言葉?

言った人 : 孔子

お役立ち度

お役立ち度 : 3 out of 5 stars

カテゴリー

カテゴリー : 教訓、生き方。

スポンサーリンク

論語|おすすめ書籍

スポンサーリンク
雑記ブログは収益化の夢を見るか

コメント