顔淵第十二

【論語】顔淵第十二19「季康子、政を孔子に問いて曰わく」

顔淵第十二
スポンサーリンク

「季康子問政於孔子曰」の意味は?

【分かりやすい口語訳】

分かりやすい口語訳です。

分かりやすい口語訳

先生がおっしゃった。田舎で善人だとされて、下手季康子が政治について孔子に尋ねた「もし無道な者を殺し有道な者を保護するようにしたらいかがでしょう」

孔子が言った「政治を行なうのに人を殺す必要がどこにありましょう。もし善を望むのであれば人民も善くなります。君子の徳は風で、小人の徳は草です。風が吹けば草は必ずその方向になびくのです。」

【原文】季康子問政於孔子曰

原文です。

季康子問政於孔子曰、如殺無道、以就有道、何如、孔子對曰、子爲政、焉用殺、子欲善而民善矣、君子之徳風、小人之徳草、草上之風必偃、

顔淵第十二その19

【読み下し文】季康子、政を孔子に問いて曰わく

読み下し文です。

読み下し文

こうまつりごとこういていわく、

どうころして、もっ有道ゆうどうかば、何如いかん

こうこたえていわく、まつりごとすに、いずくんぞさつもちいん。

ぜんほっすればたみぜんなり。くんとくかぜなり、しょうじんとくくさなり。

くさこれかぜくわうればかならす。

スポンサーリンク

顔淵第十二19【分類】

誰の言葉?

言った人 : 季康子、孔子

お役立ち度

お役立ち度 : 4 out of 5 stars

カテゴリー

カテゴリー : 政。

スポンサーリンク

論語|おすすめ書籍

スポンサーリンク
雑記ブログは収益化の夢を見るか

コメント