顔淵第十二

【論語】顔淵第十二22「樊遅、仁を問う」

顔淵第十二
スポンサーリンク

「樊遅問仁」の意味は?

【分かりやすい口語訳】

分かりやすい口語訳です。

分かりやすい口語訳

樊遅が仁について尋ねた。

孔子が言った「人を愛することだ。」

さらに知について尋ねた。

孔子「人を知ることだ。」

樊遅はよくわからなかった。

孔子「誠実な人を挙げてこれを邪な人たちの上につければ、邪な者たちを正しくすることができる。」

樊遅が退出して子夏に会って尋ねた。「先生にお会いして知について質問したところ『誠実な人を挙げてこれを邪な人たちの上つければ、邪な者たちを正しくすることができるだろう』と仰いました。どういう意味でしょう?」

子夏が言った「深い言葉ですね。尭帝が天下を治めた時、大衆の中から皐陶という誠実で正直な人を引き立て、不仁者は遠ざかった。
殷の湯王が天下を治めた時、大勢の中から選んで伊尹を引き立てたので、不仁者は遠ざかった。」

【原文】樊遅問仁

原文です。

樊遅問仁、子曰、愛人、問知、子曰、知人、樊遅未達、子曰、舉直錯諸枉、能使枉者直、樊遅退、見子夏曰、郷也吾見於夫子而問知、子曰、舉直錯諸枉、能使枉者直、何謂也、子夏曰、富哉言乎、舜有天下、選於衆、舉皐陶、不仁者遠矣、湯有天下、選於衆、舉伊尹、不仁者遠矣、

顔淵第十二その22

【読み下し文】樊遅、仁を問う

読み下し文です。

読み下し文

はんじんう。いわく、ひとあいす。

う。いわく、ひとる。はんいまたっせず。

いわく、なおきをげてこれまがれるにき、まがれるものをしてなおからしむ。

はん退しりぞき、子夏しかいわく、さきわれふうまみえてうに、

いわく、なおきをげてこれまがれるにき、

まがれるものをしてなおからしむ、と。なんいぞや。

子夏しかいわく、めるかなげんや。

しゅんてんたもち、しゅうよりえらんで皐陶こうようぐれば、仁者じんしゃとおざかる。

とうてんたもち、しゅうよりえらんで伊尹いいんぐれば、仁者じんしゃとおざかれり。

スポンサーリンク

顔淵第十二22【分類】

誰の言葉?

言った人 : 樊遅、子夏、孔子

お役立ち度

お役立ち度 : 3 out of 5 stars

カテゴリー

カテゴリー : 教訓、生き方。

スポンサーリンク

論語|おすすめ書籍

スポンサーリンク
雑記ブログは収益化の夢を見るか

コメント