憲問第十四

【論語】憲問第十四37「天を怨みず、人を尤めず、下学して上達す」

憲問第十四
スポンサーリンク

「不怨天、不尤人、下學而上達」の意味は?

【分かりやすい口語訳】

分かりやすい口語訳です。

分かりやすい口語訳

孔子が言った「私の事を理解してくれる者は誰もいない。」

子貢が言った「先生を理解できない者がおりましょうか。」

孔子「天を怨まず、人をとがめず、身近な事から学び高尚な事まで学んできた。
天だけが私を理解してくれる。」

【原文】不怨天、不尤人、下學而上達

原文です。

子曰、莫我知也夫、子貢曰、何爲其莫知子也、子曰、不怨天、不尤人、下學而上達、知我者其天乎、

憲問第十四その37

【読み下し文】天を怨みず、人を尤めず、下学して上達す

読み下し文です。

読み下し文

いわく、われるものきかな。

こういわく、なんれぞからんや。

いわく、てんうらみず、ひととがめず、下学かがくしてじょうたつす。

われものてんか。

スポンサーリンク

憲問第十四37【分類】

誰の言葉?

言った人 : 孔子

お役立ち度

お役立ち度 : 4 out of 5 stars

カテゴリー

カテゴリー : 教訓、生き方。

スポンサーリンク

論語|おすすめ書籍

スポンサーリンク
雑記ブログは収益化の夢を見るか

コメント